ブラウズカテゴリ

トラブルシューティング

Xサーバーの「外部サーバーでのweb認証」でトークンファイルを置く場所が分からない方へ

Xサーバーの説明だけでは分らない方向けの補足 サーバー移管に伴いドメインを追加してSSl化するとき、ネームサーバーを変更して追加する方法が簡単ですが、 ネームサーバーを変更する前にSSL設定を追加したいケースがあります。 例:SSL化済みのサイトを移管する場合 Xサーバーのマニュアルページをみると方法が書いてあります。 しかし、初心者の方は以下の部分でつまづく場合があります。 4.移行元サーバーにトークンファイルを設置

Search RegexなどのプラグインでURLを変更したのにSSL化されない(鍵アイコンにならない)時の対処法

簡易なトラブルシューティング記事です。メモとして書き残し ・問題点 ・通常はワードプレスダッシュボードから「設定→一般」に移動し、サイトアドレスを「http→https」に書き直すことでSSL 化が完了するのだが、場合によっては「保護されていない通信」のままの時がある。 ・ネットで検索すると「Search

グーグルマップが403エラーで埋め込みできない時の解決法

エラー内容と解決法 エラー内容:テキストエディター(elementor)で文章内にgooglemapを埋め込もうとしたところ403エラーとなって更新できない。 解決法: Wordfence Security というプラグインを停止した。 ある日、何気なく文章内に「共有→埋め込み」でグーグルマップを埋め込もうとしたところ、、 403 errorとなって更新できないという事態が発生しました。

不動産投資/生命保険業界で完全成果報酬の営業代行を利用する場合の注意点

結論:不動産投資のような金融分野で営業代行の利用はおススメできません 以前、起業時に営業代行を利用する場合の注意点という記事を書きましたがもう少し具体的な事例に基づいてお話したいと思います。 営業は厳しい世界ですが、中でも不動産投資をはじめとした金融業界は特にハードです。 そんな状況下で検索してしまいがちなワードの例として 「営業代行 完全成果報酬」「BtoC 営業代行」「不動産投資 営業代行」 などがあるのではないでしょうか。

wordpressのサーバー移行時に日本語名の画像ファイルが表示されない時の解決法

All-in-One WP Migrationを使用したのに上手くいかない ワードプレスを利用している方がサーバー移行をする際によく使用しているプラグインとして「All-in-One WP Migration」が考えられます。 クリックするだけでデータベースやプラグイン、画像などを全てを復元できるのでphpmyadminやFTPの知識がない方でも簡単にサーバー引っ越しをすることができます。(DNSやサーバーの各種設定はまた別ですが)…

お名前ドットコムサーバーに静的サイトのファイルをアップロードしても表示されないときに見るべきポイント

・お悩みポイント さくらサーバーで運用していた静的サイト(SSL化はしていません)をお名前ドットコム管理のサーバーに移動させたいという依頼をいただきました。 FTPでファイルを全てエクスポートし、お名前サーバーにアップロードしたところ、500エラーとなり表示されず、、 ファイルは主にPHPで書かれたものです。

さくらサーバーにお名前ドットコム管理のドメインを追加する際のエラーと対処内容

・エラー内容 さくらサーバーにお名前ドットコム管理のドメインAを新規追加しようとしたところ、「DNSゾーン情報が存在しません」と表示されてしまい追加することができなかった。 原因は2つ 1.さくらサーバーでドメインAを追加する前にお名前ドットコムでドメインAのネームサーバーをさくらサーバーのものに変えてしまった。 2.さくらサーバーで既にそのドメインAが登録されている。