https化していないサイトはgoogle chromeで表示されなくなるようです。

223

2019年の間に要対応です

以前、GMOからこのようなメールが届きました。

【HTTPS化対応をしないとWebサイトが正常に表示されなくなります】

2019年12月から2020年2月にかけ、Google Chromeに対して
Webサイト内の「HTTP」コンテンツがブロックされるよう
段階的な仕様変更が行われることが公表されました。(※1)

■概要
—————————————————
▽対象ブラウザ
Google Chrome 79.0以降

▽変更内容
HTTPS/HTTP混在ページにおけるHTTPをデフォルトでブロック対象とする

▽想定影響
Webサイト上に「http」で記述されているコンテンツが正常に動作しなくなる
—————————————————

本仕様変更に伴い、コンテンツがブロックされると、
Webサイトに訪問されたお客様に伝えたい情報を
正しく伝えることができなくなります。

SSL証明書の導入がお済みでない場合、2019年12月の上記仕様変更前に
ご対応いただくことを強くお勧めいたします。

また、SSL証明書を導入済みの場合も、「http」記述のコンテンツが
混在していないか今一度ご確認いただくことをお勧めいたします。(※2)

サイトがhttpのままだとブロックされるようになってしまいます。

また、サイト左上のURLの横が鍵マークになっていないサイトも要注意です。その対処法はこちらを参考にしてください。

https化の方法はご使用のサーバーのマニュアルなどに書いてある可能性が高いです。

知識がないとなかなか苦労するかもしれませんが、ホームページなどが表示されなくなると大変なことになるので根気強く調べて実施しましょう。

そして、https化が済んでいると安心している方も、ちゃんと全てのページで鍵アイコンになっているか確認しましょう。

それでも解決できない場合は

気軽にご相談ください!

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。