初心者向け:LINE for Businessの開設方法&使い方(LINE@)

247

お客さんに「使い方が分からない、マニュアルが欲しい」と依頼されましたので記事にいたします。

以前はLINE@と公式LINEが別物として存在していたようですが、現在はひとつにまとめられているとのことです。

したがって、LINE@を開設したいと考えている方もこちらのLINE for Businessで問題ないです。

ユーザー登録

まずは公式サイトにアクセスします。

公式サイトはこちら

アカウントの開設(無料)をクリックします。

「公式アカウントの開設はこちら」を選択します。

そして,無料で十分だという場合は

「未認証アカウントを開設する」を選択いたします。

すると、画像のような画面になるので「アカウントを作成」を選択します。

すると、LINEアカウントで登録orメールアドレスで登録が選択できます。

どちらかお好きな方で登録すればいいようです。

私の場合、普段使っているLINEアカウントで登録することにしました。

※LINEアカウントを利用する場合、スマホなどのLINEアプリ内でメールアドレスとパスワードの事前登録が必要です。

QRコードで認証すると、アカウントの基本情報登録画面に移ります。

必要事項を入力し、登録を完了させます。

実際に利用してみる(LINE official account managerにログイン)

LINE official account managerにログインしますと、アカウント選択画面が出ますので、登録したアカウントを選択します。

アカウントを選択して画面を開くと、次のようになります。

デフォルトでは赤枠のように「応答モード:Bot」になっています。

ここを選択すると、、

応答モードをチャット、もしくはBotに変更することができます。

両者の違い

・Bot

→相手のメッセージに対して自動で応答するような状態です。相手とコミュニケーションを取ることを想定していない企業アカウントやメールマガジンとして利用する場合に選択します。

・チャット

→相手とコミュニケーションを取る場合にこちらを選択します。塾や保育園、予約を前提としたサービスなどに利用します。

ご自身のビジネスがどちらにマッチしているか考えた上で選択しましょう。

次に、画面左上の「ホーム」を選択します。

左のサイドバーに色々項目がございます。

今回は主に使用される「メッセージ配信」「あいさつメッセージ」を使ってみます。

メッセージ配信

サイドバーのメッセージ配信を選択します。

ここでは公式LINE登録者に対して同じ内容のメッセージを一斉に送ることができます。

イベントの予定やスケジュールなどを一気に送ることができるので、手間が省けます。

まずは右上の「作成」を選択します。

すると、メッセージ作成画面が表示されます。配信日時でメッセージ送信のタイミングを調整することができます。

テキスト入力という欄に送信するメッセージ本文を記入します。

配信をクリックすることで、メッセージを送ることができます。

あいさつメッセージ

こちらは誰かが友達登録をしてくれた際に自動的に送信されるメッセージです。

特にこだわりが無ければこのままでも支障はありませんが、独自のあいさつを利用したい場合は変更しましょう。

おさらい

Botで利用するのであれば、配信メッセージさえ使えればひとまず大丈夫でしょう。

登録者と個別にコミュニケーションを取る場合は、先ほどの応答モード変更画面から「チャット」に変更します。

そして、上部バーからチャットを選択すると、登録者とチャットをすることができます。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。